自由研究のヒントがみつかる!「夏休み塩のミニ学習室2015」 7月18日から8月30日まで、『たばこと塩の博物館』にて開催

2015-07-10_12h46_55

今年の4月渋谷区から墨田区へ移転し、リニューアルオープンしたたばこと塩の博物館(所在地:東京・墨田区横川)で、7月18日(土)から8月30日(日)まで、「夏休み塩のミニ学習室」を開催されます。

塩の性質や役割がわかるストーリーにそってインストラクターがさまざまな実験を紹介する「塩の実験室」と、子どもたちが自分で実験や工作ができる参加型プログラム「体験コーナー」を中心に、塩の常設展示も合わせてご覧いただくことで、楽しみながら塩について学習でき、自由研究の題材にもぴったりの企画です。

スポンサーリンク

夏休み塩のミニ学習室2015 開催概要


【塩の実験室】
自由研究のヒントになる実験を、インストラクターが見せる“実験ショー”

<会場>
1階ワークショップルーム

<開催時間>
・第1回 午前11時~
・第2回 午後2時~(各50分、どちらも内容は同じです)

※各回30分前に開場予定(先着各40名)

<内容>
・海水から塩をつくるには?
・塩水は電気を通す?
・水と塩水の重さ比べ
・水と塩水の二段重ね
・氷に塩をかけると?
・塩水でせっけんを固める など

【体験コーナー】
自分で実験や工作ができる“参加型プログラム”

<会場>
1階ワークショップルーム

<開催時間>
・午後3時30分~:備長炭電池づくり(20分)
・午後4時~  :塩の結晶工作(40分)
・午後5時~  :備長炭電池づくり(20分)

※当日午後2時から会場前で整理券を配布(先着各20名)

【塩の展示】
img_66837_3

4つのコーナーに分かれた展示室で、知っているようで意外と知らない「塩」について楽しく学べます。

<会場>
2階常設展示室

<展示内容>
・生命をささえる塩:動物も人も塩がなければ生きられない!
・世界の塩資源  :世界のさまざまな塩
・日本の塩作り  :日本の製塩の歴史
・塩のサイエンス :塩の食用以外の用途や、身体の中でのはたらき

【開催日時、場所、入館料について】
会期  : 2015年7月18日(土)~8月30日(日)
開催地 : たばこと塩の博物館
所在地 : 〒130-0003 東京都墨田区横川1-16-3
休館日 : 毎週月曜日(※7月20日(月)は開館)、7月21日(火)
開館時間: 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
入館料 : 大人 100円(50円) 小・中・高校生 50円(20円)
      ※( )内料金は、20名以上の団体と65才以上の方(要証明書)に適用
URL   : http://www.jti.co.jp/Culture/museum/

<交通・アクセス>
・東京メトロ半蔵門線、東武スカイツリーライン、京成線・都営浅草線「押上駅」より徒歩12分
・都営浅草線「本所吾妻橋駅」より徒歩10分
・東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」より徒歩8分

<関連サイト>
たばこと塩の博物館
http://www.jti.co.jp/Culture/museum/index.html

参照:@Press

スポンサーリンク