【作文が苦手な小学生のママ必見】『ドラゼミ』のサンプル教材を試したら子どもの意外な苦手ポイント発見!

小学館の通信学習『ドラゼミo((=^♀^=))o』の教材サンプルが届きました!

ドラゼミ』といえば教育情報サイト『リセマム』のイード・アワード2016で小学生の通信教育で最優秀賞を獲得したり、作文力の育成に役立つ情報サイト『作文力.com』をオープンしたりと子供の国語学習に不安があった去年からずっと気になっていたんです。

わが子のほぼ毎日の宿題になっている日記は

今日は〇〇しました。
それから〇〇でした。うれしかったです。

に少し肉付けしたくらいの内容であまり変化がなく、

どう楽しかったの?
何がうれしかったの?

も含めて書いてみたら?とアドバイスするもすぐ忘れ、毎度同じパターンの文章になってしまうのです(汗)。

学生のうちはもちろん、社会人になってからも必要な文章作成能力。

母親の私も学びたいくらいですが、小学生のうちからなんとか力をつけさせてあげたいなーと学習方法を探していた時にドラゼミの国語はおすすめという口コミを何度も見かけ、もともと気になっていたこともあり今回サンプル教材を取り寄せてみました。

スポンサーリンク

『ドラゼミ』サンプルの内容は?

国語と算数の1週間分の教材サンプルブックや添削テスト見本、コースの案内などが入っています。

わが子は2年生なので小学2年生・3年生コースの案内でした。

添削テスト見本の冊子は添削テスト返却時のイメージがつかみやすく、ここまで書き込んでくれたテストが手元に戻ってきたら子どもは次も喜んでテストを提出するだろうなと思いました。継続できるポイントかも。

子どもの目を引いたのはシールを集めて交換できるおもちゃや漫画などの賞品

そこだけを見て

「これほしー☆」

「ドラゼミやるー!!」

のオンパレードでした。頑張りへのご褒美もモチベーション維持には必要ですね。

サンプル教材で弱点発見。わが子の語彙力のなさに愕然

勉強なのにドラえもんの漫画が読める!ってことでテンションがあがりつつ、サンプル教材に取り掛かった子どもですが1ページ目からペンがすすみません。

国語のサンプル教材1ページ目はクロスワードパズルだったのですが、これが全然できないんです(涙)

もうびっくりするぐらい。

ヒント以外のヒントを親からアドバイスしつつできたのは半分くらいで、あとは答えを教えないとお手上げ状態。

(5月5日に空で泳ぐのは?の問題がわからなかったのを知り、マンションでベランダ小さいけどこいのぼり毎年上げようと心に誓いました)

『ドラゼミ』の作文力のページにこんな図があります。


出典:ドラゼミ

ベースの語彙力がないんですもん。わが子の日記の現状もあってしかるべきってわけです。

読書好きな子でおしゃべりも大好きな子だったので、語彙力が不足してたとは思いもよりませんでした。

2年生のサンプル教材だったので2年生も終わろうとしている時にやるには簡単すぎるかな?と甘くみていたところ、まさかサンプル教材の1ページ目で躓き、子供のウィークポイントが見えてくるとは思いもよりませんでした。

読書感想文が苦手なら『ドラゼミ』のサンプルを試してみよう

ドラゼミは学校で学んだことの復習というよりは、将来の役に立つ”地頭”を鍛えることに力を入れている内容が多かったです。

2020年からセンター試験が廃止され、思考力・判断力・表現力が問われる試験になるようですし、ドラゼミが力を入れる『3大力(作文力・読解力・ひらめき力)』は社会人になってからも必要な能力ですね。

サンプル教材や資料を見ると将来を見据えた力を子どもにつけさせてやるには『ドラゼミ』ぴったりのようです。

ほかの通信教育のサンプルもやってみましたが、サンプル教材で子供のウィークポイントがわかったのははじめてだったので本当に驚きました。

お子様の国語力・作文力、夏休みの読書感想文などでお悩みの方はぜひ一度サンプルを試してみてはいかがでしょうか?お子様の意外な苦手ポイントが見えてくるかもしれませんよ。



スポンサーリンク