夏休みは涼しい屋内で、恐竜を“見て、触って、体感”しよう! 名古屋最大級の恐竜博 8月15日・16日にポートメッセなごやにて開催決定!!

2017年4月25日

img_64251_1
名古屋最大級の恐竜博「恐竜ワールド in 名古屋」を、夏休みシーズンの2015年8月15日(土)・16日(日)に、ポートメッセなごやで開催されます。

スポンサーリンク

「恐竜ワールド in 名古屋」

img_64251_2
“見て、触って、体感できる!”をキーワードに、名古屋最大級の恐竜博が開催されます。屋内開催なので涼しく赤ちゃん連れでも安心して楽しむことができます。

一般的な博物館のように、展示を“眺める”だけで終わらない“参加型”なので、お子さまの自由研究の課題としても、家族のコミュニケーションのきっかけとしてもおすすめのイベント。

迫力満点の恐竜ライブショーや3Dで恐竜の世界を体感できるシアター、さらに、本物の化石に触れるコーナーや進化の過程を表したパネル展示などもあり、夏休みシーズンに、恐竜ファンだけでなく、家族みんなで「楽しみながら学べる」イベントです。

五感を刺激する感動の“恐竜体験”


<見る!>
【ただの模型じゃありません!“動く”恐竜の展示】
自動で唸り、動き、吠える恐竜模型を展示しています。人気のティラノサウルスは全長7m、今回最大のアパトサウルスは全長9mの大きさを誇ります。ただの模型とは異なる、よりリアルな恐竜をご覧いただけます。

<触れる!>
【博物館の限界を超えた!本物と触れる化石ゾーン】
その大きさから全体の姿を想像させる重さ40kgを超えるアパトサウルスの頸椎や、約6,550万年前のトリケラトプスの角まで、本物の化石に“触れる”ことができます。眺めるだけではなく実際に触れることで、その存在感や息吹を感じることができ、記憶に残る経験となります。

<体感する!>
【スペシャルイベント!!恐竜ライブショー「DINO-A-LIVE」】
ロボットのようなメカニカルな面と、人間の動きや力を利用する着ぐるみという2つの面を組み合わせた特殊な“恐竜型メカニカルスーツ”による恐竜ライブショーです。まるで生きているかのようにリアルな恐竜たちが、目の前で吠え、暴れ、時には観客に噛み付くことも。興奮の観客参加型エンターテインメントステージとなっています。

「DINO-A-LIVE」とは、“恐竜が生きている!”という意味の「Dino alive!」と、“恐竜の凄いライブ!”という意味の「Dino“A”Live!」(Aは強調に使われている)の2つに由来。「恐竜との生きた出会い」を体感できる本公演は、1日3回を予定しています。

プリント

夏休みの自由研究に役立つコンテンツ

<学ぶ!>
【これであなたも恐竜博士!恐竜進化パネルの展示】
恐竜の誕生、そして絶滅までをパネルで展示いたします。子どもにも分かりやすいよう、時代による大陸の動きや恐竜の進化の過程をイラスト付きで説明しているので、楽しみながら学んでいただけます。
また、小人のチケットで入場すると展示恐竜の解説入りクリアファイルプレゼント。ホームページからワークシートをダウンロードして自由研究にご利用いただけます。

開催概要

イベント名     : 恐竜ワールド in 名古屋
会場名       : ポートメッセなごや 3号館
会場所在地     : 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2番地
開催日時      : 2015年8月15日(土)・16日(日)
           両日AM10:00~PM4:00
入場料       : 大人 当日 1,500円(前売 1,300円)
           小人 当日  900円(前売 700円)
           ※全て税込
チケットぴあPコード: 989-710
           ※2歳までは無料、中学生以上は大人料金
            ペット同伴入場不可
            障害者手帳をお持ちの方は本人のみ無料
            (身体障害者手帳、療育手帳、
             精神障害者保健福祉手帳)
主催        : テレビ愛知
協賛        : サークルKサンクス
後援        : 中日新聞社
URL        : http://kyoryuworld.jp/

男の子がよろこびそうなイベントですね!赤ちゃん連れだと屋内ってところもポイント高いですね。夏休みの自由研究にも役に立ちそう。

参照:@Press

スポンサーリンク