子供も大人も大爆笑!絵本『うどんのうーやん』が面白かった

次女さんの通う保育園で絵本の貸し出しが5月の連休明けからはじまりまして、毎週金曜日に1冊本を借りて帰ってきます。

次女さんはなぜか家にある絵本を借りてくれるのですが、今回初めて家にない絵本を借りてくれました。

その絵本が

『うどんのうーやん』

です。

おうどんが大好きなので選んだのかな。

次女さんは絵本を読んでもらうのはお父さんがいいらしく、いつもの通り『これよんで~』とおねだり。

絵本の内容も知らぬままカーちゃんは洗い物をしながら聞いていました。

『うどんのうーやん』はうどん屋さんの出前シーンからはじまります。

「ほな いってきますぅ」
ひとでぶそくのため、うどんのうーやん自分でいかなかんのです。

え?自分で出前いっちゃう?と心の中でツッコミながら聞いていたら、そうめんのくだりで読んでいるお父さん(関西人)「ばれるやろ」のツッコミも合わさり大爆笑!

宿題をしていたはずの小学生長女も一緒に大笑い。

その後、うーやんはすれ違う食材(メザシや梅干しなどうどん以外の食材)にも「ここ はいり」と自分の中に入れていってくれます。

出前の途中、川があると

「わたるしかないやろ」

たくさんの困難を「やるしかないやろ」で乗り越え、おきゃくさんの家に到着します。

さて、おきゃくさんの反応は?

という、絵本でした。

どちらかというより次女より長女が「新喜劇」みたいー!と大ウケしていました。

私は知らなかったのですが、この『うどんのうーやん』、Amazonでも一時在庫切れになるほど人気だったんですね。

受賞もたくさん

第1回 静岡書店大賞児童書新作部門 第3位
第6回 児童書担当者が選ぶ子どもの絵本大賞in九州「この本よかっ!!」 第2位
第4回 ようちえん絵本大賞

調べてみると、他にも『ちくわのわーさん』『こんぶのぶーさん』というシリーズ本があるようで買い集めたい絵本シリーズです。



スポンサーリンク