子どもの『おこづかい帳』無料テンプレートをダウンロードして使ってみよう

2015年10月20日

eye

子どもにお小遣いあげていますか?

いつからいくらくらいあげたらいいのかも親としては悩みどころですね。

オウチーノ総研が実施したアンケートによると、おこづかいをあげはじめた時期で一番多かったのが小学1年生、次に中学1年生でした。(2015年調べ)「小・中学校への入学」がお小遣い制度スタートのきっかけとなっていることが多いようです。

未就学児にお小遣いを渡し始めた理由はお金についての学習が多く、小学校低学年からはお友達との交際費が必要になったという理由が多くなっています。

お小遣いの渡し方金額の決め方などお小遣いを上げるときに参考になるアンケート結果になっているので、詳しく知りたい方は『お小遣い制度スタートのきっかけは、「小・中学校への入学」!その目的は?』のサイトをご覧ください。

我が子は幼稚園でスーパーでお買い物をする体験授業があったり、お正月のお年玉などから少しづつお金に興味を持ちはじめ、たまにお手伝いを頑張った時に10円あげていたのを2年ほど貯めこんでいたのですが、ある日突然お小遣いが欲しい!と言い始めました。

そこで、いままで貯めていたのは全部でいくらか数えてみて、せっかくなのでお小遣い帳でもつけてみる?と提案するとノリノリでやるー!との答え。

ただ、まだ小学1年生。足し算も3桁までは程遠く、おこづかい帳を購入するには時期尚早。途中であきちゃいそうなのが目にみえていますが、せっかくやる気になっているので無料でダウンロードできるおこづかい帳テンプレートを活用することに。

その時に調べた子どものおこづかい帳を無料でダウンロードできるサイトをご紹介します。

小学生のこづかいちょう(しろくま)2016年版

スポンサーリンク

子ども向けおこづかい帳が無料ダウンロードできるサイト

こづかい帳 – 知るぽると

金融広報中央委員会が運営するくらしに役立つお金についての情報をまとめたサイト「知るぽると」のキッズ向けページに1年分のおこづかい帳を手作りできるテンプレートがあります。

実際に作ってみましたが、表紙・使い方・こづかい記録表・まとめ・ごほうびシールまでテンプレートがあり立派なおこづかい帳を作ることができました。作成にホッチキスは使用せず、ノリで貼り付けていくので少し時間がかかります。

子ども向けおこづかい帳

1年分あるのでお正月のお年玉からスタートするのにもおすすめです。

A4用紙そのままではなく、周りを切る必要があったのがちょっと残念(紙もったいないー)

こづかい帳
http://www.shiruporuto.jp/tool/kozukai/
ダウンロードページへ

おこづかい帳 – 日生ソフトクリームランド

ステーショナリーハウスのページにおこづかい帳があります。

表紙とおこづかい帳(中面)のテンプレートがあり、中面を6枚印刷すれば1年分のおこづかい帳を作ることもできます。折り曲げて、横をホッチキスで止めるだけなので作るのも簡単です。

おこづかい帳

おこづかい帳
http://www.nissei-com.co.jp/sc_money.jsp
ダウロードページへ

NEW おこづかい帳 - セサミストリート

あそぶ工作NEWおこづかい帳があります。

こちらも印刷して、折ってホッチキスで止めるだけで作ることができます。シンプルでかわいくておすすめ。

エルモのおこづかい帳
NEWおこづかい帳
http://sesame-street.jp/fun/work04.html
ダウンロードページへ

おこづかい帳 – バザールでござーる

バザールでござーるのサイトのステーショナリー家庭おこづかい帳のテンプレートがあります。
おこづかい帳
NEWおこづかい帳
http://sesame-street.jp/fun/work04.html
ダウンロードページへ

おこづかい帳 – KF STUDIO

キッズ生活のページの真ん中におこづかい帳が2種類あります。表紙はなく、項目欄も漢字でふりがなはありませんが、とっても可愛いです。

キッズ生活
http://www.kfstudio.net/categories/kidslife/
ダウンロードページへ

柏市オリジナルおこづかい帳『マナブーのマネーノート』

◎おすすめ◎

千葉県柏市のオリジナルおこづかい帳。

消費生活センターの多重債務の相談者から「お金の使い方を教わったことがない」「家計簿が書けない」という話を聞くうちに、子どもの頃からお金の使い方をよく考えることが大切だと痛感したことがきっかけで作られたというおこづかい帳。


お金についての約束事を書くことができたり、その月に買うものをリストアップし、気持ちや価格、買うか買わないかをの値段を書くページもあり、数字の増減を書くだけでなく『考えて』お金を使うことが自然とできるようなおこづかい帳になっています。

はじめておこづかい帳をつける子にぜひ使って欲しいおこづかい帳です。

柏市オリジナルおこづかい帳『マナブーのマネーノート』
http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/059000/p001186.html
ダウンロードページへ

おわりに

計画をたてモノを購入するまでしっかり考えることができるよう作ってあったことがポイントとなり、我が家では柏市オリジナルおこづかい帳『マナブーのマネーノート』をしばらく使ってみることにしました。

誰もが一生付き合う『お金』のこと。小さいうちから少しづつ金銭感覚を身につけていって欲しいですね。

スポンサーリンク