フローリングに油性マジックで落書きされたら『ヘンケルらくがき消し』がおすすめ♪

またもや、子どもにらくがきをされてしまいました!

以前は上の子だったのですが、次は下の子に。

しかも、上の子がらくがきをした歳と同じ3歳!

この時期っていろんなところに書きたくなるものなんでしょうか( ;∀;)

壁にボールペンでらくがきをされ、試行錯誤の上たどり着いた『ガンジー(ガンヂー)インキ消』は以前の記事でもご紹介したとおり。

今回はフローリングの床に油性マジックでのらくがきです。どうも「なまえペン」で書いた様子。

クローゼットの中だったのでしばらく気が付かず、戸を閉めてしまえば普段は見えないので見つけてからもしばらく見なかったことしてました。

でも、やっぱり気になる!
年末も近いしということで、重い腰をあげ消すことにしました。

スポンサーリンク

フローリングの油性マジック落書きの消し方

まずはネットで検索してでてきた消し方の方法は以下の通り。

  • ラッカーシンナー
  • 柑橘系の皮でこする
  • 消しゴム
  • エタノール

らくがきされた素材によって消す方法や落ち具合がずいぶん変わってくるようです。

文具メーカー『ゼブラ』のサイトに油性ボールペン・油性マーカーの落とし方が対象物・落ち具合・方法がリスト化されてわかりやすくまとまっていますので、床以外で落としたい方は参考になるかもしれません。

我が家は床へのらくがきということで、まずは手元にあった『消しゴム』でゴシゴシしてみましたがさっぱり消えず

やっぱりボールペン消しの成功体験をもとに今回も専用のらくがき消しを購入してみることにしました。

油性マジック落書き用クリーナー

Amazonで油性マジック落書き用のクリーナーを探したところ、一番レビューが多かったのが『セメダイン らくがきおとし』です。ノック式のペンタイプレビュー評価も星4つとなかなか評判もよい製品でした。

セメダイン らくがきおとし』も使ってみたかったのですが近所のホームセンターにはおいておらず、ネット通販だと送料がかかるとこが多かったので今回は『LOCTITE(ロックタイト) らくがき消し』を購入してみました。

『LOCTITE(ロックタイト) らくがき消し』でフローリングのらくがきを消す

LOCTITE(ロックタイト) らくがき消し』はスプレータイプのらくがき消しで、油性・水性どちらの落書きにも使用できるとのこと。

裏面の説明を読んでみると基本的にはガラスや金属などの固い材質でのらくがき消しの様で、木部には△マークがついています。さてどうなるかな。

スプレーをかけてみる

早速らくがきの一部にスプレーしてみたところ、すぐにじみました。これはすごい!

ティッシュでふき取るときれいさっぱりマジックの落書きが消えました!

続いて残りの箇所にもスプレーを吹きかけるとすぐにじんできます。

ふき取るとすべて綺麗さっぱりらくがきが消えました。やったぁ!

我が家のフローリングでは『LOCTITE(ロックタイト) らくがき消し』できれいにらくがきを消すことができました。

素材を痛めたり返って消えなくなったりすることがあるので、らくがきは専用のクリーナーで消すのが一番ですね。

最後に今回ビニールクロスにマジックで書かれたらくがきにも『LOCTITE(ロックタイト) らくがき消し』を試してみたのですが、こちらはにじむこともなくさっぱり消えませんでした。素材によっては消えないものもあるので、素材にあったクリーナーを探してみてくださいね。

スポンサーリンク